作品詳細

topへ戻る
「ギュスターヴ・フロベールに」(「聖アントワーヌの誘惑」第二集) Ⅴ.スフィンクス:・・・・・・私のまなざしは何物にもそらされることなく、万象の彼方、近づきえない地平のはてにじっと向けられたままでいるのだ。キマイラ:私はね、軽々として陽気だよ。

No: PR1982-047

オディロン・ルドン (ルドン、オディロン)

【 1840年 - 1916年】

  • 「ギュスターヴ・フロベールに」(「聖アントワーヌの誘惑」第二集) Ⅴ.スフィンクス:・・・・・・私のまなざしは何物にもそらされることなく、万象の彼方、近づきえない地平のはてにじっと向けられたままでいるのだ。キマイラ:私はね、軽々として陽気だよ。
  • À Gustave Flaubert (Tentation de Saint-Antoine, Deuxième série) Ⅴ. le sphinx:...Mon regard que rien ne peut dévier, demeure teudu à travers les choses sur un horizon inaccessible. La Chimère : Moi, je suis légère et joyeuse.
制作年 1889年
ジャンル 版画・写真(外国絵画)
技法 版画(リトグラフ)
素材・材質
寸法(cm) 28.2×20.2cm
作者生地 ボルドー(フランス)
作者没地 パリ(フランス)
国籍 フランス

オディロン・ルドン

【作品一覧】